学部・学科

先生からのメッセージ

トップ > 学部・学科 > 先生からのメッセージ

「互いの立場を認め合い、
 共に働く仲間と、医療に向き合う」

行岡 秀和    Hidekazu Yukioka

医療学部 学部長 / 教授  医学博士

 

私は行岡病院で医師として勤めながら、本学で救急医学について教鞭を執っております。
さて、近年医療に対する社会の認識が変わり、理学療法士を含むコメディカルの在り方が変化してきていると思います。
医療と言えば、医師が患者さんのすべてを把握しているというイメージを持たれる方も少なくありません。
しかしながら、医師一人では何もできない時代となり、多職種連携が叫ばれております。
私が専門とする救急医療は特に、多くの医療従事者が一丸となって治療をしなければ、目の前の患者さんを救うことはできません。
これからの時代、医療に携わる一人ひとりが自らの意志を持ち、適切な判断を行い、それぞれの専門分野における能力を最大限に発揮することが求められます。
医師だけに限らず、現場に立つすべての医療者が、今後の医療を担う要なのです。

―自分の主張をしっかり相手に伝えること。

医療現場では、それぞれのチームで、それぞれの専門家が自分にしかできないことを自ら発信し、その意見をチームで共有し、行動するという、意思決定のプロセスが強く求められています。
そのためには、チームのメンバーがお互いに信頼し合っているという状況を必然的に導きだす環境が必要です。
その中で生まれる正しい見解こそが、現場を充実させ、澄み切ったものにしていくのです。

―本学の“教育”について。

教科書に書かれていることは、すべて真実です。医療人として必要なスキルを身につけるためにはまず、教科書の内容を正確に記憶し、基礎をしっかりと固めることが大切です。
ただしその後はそこで学んだことを踏まえ、実際の現場でどれだけ多くの“疑問”を持てるか、ということが重要になります。
基礎知識の高低により、現場で感じる質が大きく異なってきます。
そういった点において、在学中に実際の現場を通して“基礎力”と“実践力”を身につけることができる授業カリキュラムは、
本学の大きな強みであると言えます。
医療に携わる者として正しい知識をいかに自分のものにできるかということはとても重要な事項です。

目の前の患者さんに対して何ができるのか、それはマニュアルが教えてくれることではないのです。
ですから、皆さんには本学で過ごすキャンパスライフを大いに活用して、医療の勉強以外でもたくさんの出来事に、積極的な姿勢で触れていってほしい。
たとえば、遊びを通して学んだ経験や、人への接し方というのは、どんな職場でも求められる重要な能力のひとつでしょう。
さまざまな患者さんをケアする理学療法士にとって本学での4年という限られた時間は、人として、そして理学療法士として、
一番大切な心を養う絶好のチャンスなのです。

―“実践力”を現場で表現できる医療人の育成を目指して。

―本気でぶつかり、悩み、気づき、共に成長していく―
言い換えると、相手が誰であろうと一対一の人として向きあう、ということが何よりも大切だと考えています。
そんな関係を築きながらも、当学の教員が志すのは、
「“実践力”を現場で表現できる医療人」の育成です。
卒業後には医療に携わる者として、どんな苦難にも臆することなく、粘り強い精神をもって、それぞれのスキルを現場でアピールしていってほしいと思います。
本学に入学された皆さんが理学療法の枠を越え、医療界そのものを変革する希望の光として羽ばたいていってくれることを、大いに期待しています。

 

「より深く理解してほしい―
 そのための努力はいとわない」

幸田 利敬 学科長/理学療法士  Toshitaka Kohda

統計学 / 物理療法学 / 理学療法研究論

 

―学科長のしごと、役割とはどんなものですか。

学科長という立場で行っていることは、運営です。といっても、経営面の運営ではなく現場での取りまとめです。日々いろいろなできごとが起こりますが、どうすれば現場で学生と先生が円滑に学びの場に参加できるかを念頭においています。
専門学校から 4 年制大学へ切り替えた理由のひとつに、学生にじっくり学んでほしいという思いがあります。実習と講義で理学療法の理解を深めてもらうと同時に、勉学以外のキャンパスライフも楽しむことでバランスよく学べる環境を目指しています。

―大阪行岡医療大学の教育における強みとは。

この学校では 1 年次から実習を行います。これはバックに行岡病院という母体があるからこそ実現できること。早い段階で実際に現場を見ると、毎日の講義で学んでいる内容や意味が理解でき、モチベーションも上がります。
実習に向けて仲間とともに頑張る姿勢を日々感じられるのは、単一科の良さのひとつでもあります。
また、教師陣においても個性を持ったプロフェッショナルな方が揃っているので、必ず自分でやってみせるスタンスを取っています。
学生により深く理解してほしいから、そのための努力は厭いません。

 

―受験を考えている方にメッセージを。

理学療法士という職業は、困った人を救うことができます。私自身その部分に魅せられ約30年間携わってきました。カリキュラム、教師、実習内容、どれをとっても皆さんを支える体制は十分に整っています。
人のために役に立ちたい、困った人を救いたいと心から思っている学生にぜひこの学校の門を叩いてほしいと思います。